一次テープライト

■学歴不問!業界未経験の初心者でもOKな資格は?

再就職や転職に有利な資格を探すなら、シカトルで探すのがおすすめです。



>>シカトルで再就職・転職に有利な仕事をさがしてみる


一次テープライト

一次テープライトとは、録音された文章をそのまま文字にしても、
意味が通じなかったり、長々とした文章になる為、
「話し言葉と書き言葉」という形で、文章を読みやすくしていくことです。


このテープ起こしの作業においては、最初に、ケバ取りと呼ばれる処理していきます。

人が話すと、「あのー」とか「えーと」等、語尾に余計な語句が入ってきます。
これらは、内容を伝えるには不必要な発音になりますので、まずそれらを取り除きます。


次に、主語と述語の整理をします。

話し言葉には、主語が最後にくる倒置法がよく出てきますが、
書き言葉にした場合、そのままでは読みにくいため、直していく必要があります。

また、話し言葉の文章は長いため、簡潔に文章を適度に短くまとめる必要があります。


更に、1次テープライトで一番難しいところは、日本語の難しさです。
特に、同音異義語と同訓漢字の処理が厄介です。

人の聞き方によって、漢字の意味一つで話の内容も変わってきます。
そこをうまく理解して、勉強していく必要があります。


最後に、ダブり発言という、強調したい言葉を何度も言っている部分があります。
ダブり発言を直して、広がった話をうまくまとめていくことも大事でしょう。


ただ、これらの作業をする際には、その内容に行き過ぎた修正を施してはいけません。

テープライターの仕事としては、発言を忠実に書き起こすのが基本です。


テープライター講座で資格を取りませんか?

がくぶんの講座は、テープライター資格が取得できる唯一の通信教育講座です。

資格を取れば、仕事の求人応募の面でも当然有利になります。また、がくぶんの講座で2級以上の資格を取れば、テープライター求人大手の日本職能開発振興会にテープライターとして登録もでき、講座終了後の仕事の求人を受ける面でも有利になります。

テープライターになりたいと思ったら、まずは講座の無料資料を取り寄せて見て下さい。

>> 無料資料を取り寄せる(がくぶんテープライター養成講座)