講演テープライト

■学歴不問!業界未経験の初心者でもOKな資格は?

再就職や転職に有利な資格を探すなら、シカトルで探すのがおすすめです。



>>シカトルで再就職・転職に有利な仕事をさがしてみる


講演テープライト

講演テープライトとは、一人の講師がテーマについて複数の聞き手に対して話を行うことです。

テープライターにとって、講演テープライトはテープ起こし依頼の多い大きな市場です。
また、講師と受講者から成り立っているから、教育と言ってもよいでしょう。

書き起こしのコツとして、状況を把握しておかなければならないため、
講演の講師の人物やテーマ、さらに時間や場所をしっかり確認しておかなければいけません。


ディスカッションの書き起こしの注意点

講演の形態として、普通は、講師が壇上で講義するのが一般的ですが、
ほかに別の要素で構成されている場合もあります。

敷いて言えば、ビデオやオーディオ等、視聴覚機器があります。
また、ディスカッションなどの形もあります。

ディスカッションなどの形式では、一人の話し手というわけではありませんので、
進行役の司会者の発言や、講師以外の発言があるときには、それとわかる書き分けも必要です。


テープライター講座で資格を取りませんか?

がくぶんの講座は、テープライター資格が取得できる唯一の通信教育講座です。

資格を取れば、仕事の求人応募の面でも当然有利になります。また、がくぶんの講座で2級以上の資格を取れば、テープライター求人大手の日本職能開発振興会にテープライターとして登録もでき、講座終了後の仕事の求人を受ける面でも有利になります。

テープライターになりたいと思ったら、まずは講座の無料資料を取り寄せて見て下さい。

>> 無料資料を取り寄せる(がくぶんテープライター養成講座)