大見出し

■学歴不問!業界未経験の初心者でもOKな資格は?

再就職や転職に有利な資格を探すなら、シカトルで探すのがおすすめです。



>>シカトルで再就職・転職に有利な仕事をさがしてみる


大見出し

大見出しとは、新聞、雑誌などでページを開いたときにすぐ分かる、
大きな活字で目立つように付けられた見出しの事です。

大見出しは発注元に、仕上げた原稿がどんな内容なのかを一目で分かるようにするために付けます。


大見出しとなる題名(テーマ)は、プロフェッショナルなテーマに仕上げましょう。

例えば、コメントなら何のコメントか?
講演ならどんな講演なのか?インタビューなら何のインタビューなのか?
時間が何分かかったかも書くと良いかもしれませんね。

また、この大見出しにはノンブル(雑誌・書籍などのページの順序を示す数字やページ番号)は必要ありません。


上記の注意事項に気をつけて、最後に内容を簡潔に表して表紙に付ければよい訳です。

テープライターと発注元が、何のテープだったか確認するための見出しですから、
見出しがそのまま活字タイトルになることはありません。

テープライターは、シンプルな題を大見出しとしてつけるようにしましょう。


テープライター講座で資格を取りませんか?

がくぶんの講座は、テープライター資格が取得できる唯一の通信教育講座です。

資格を取れば、仕事の求人応募の面でも当然有利になります。また、がくぶんの講座で2級以上の資格を取れば、テープライター求人大手の日本職能開発振興会にテープライターとして登録もでき、講座終了後の仕事の求人を受ける面でも有利になります。

テープライターになりたいと思ったら、まずは講座の無料資料を取り寄せて見て下さい。

>> 無料資料を取り寄せる(がくぶんテープライター養成講座)