ノンブル

■学歴不問!業界未経験の初心者でもOKな資格は?

再就職や転職に有利な資格を探すなら、シカトルで探すのがおすすめです。



>>シカトルで再就職・転職に有利な仕事をさがしてみる


ノンブル

ノンブルとは、フランス語でいう「数」に当たります。
印刷物のページで順序を表すために付ける数字を意味します。

これらは、原稿が完成した段階で、発注元に完全な形で提出するために、
ノンブルをつけたり、ホチキスで留めたりして原稿を正しくセットします。

ノンブルを付けるのは、通常は原稿が書き終わった一番最後にします。


ノンブルの使い方

ノンブルの番号は、数字や漢字の他、ローマ字やアラビア数字がありますが、
通常はアラビア数字を用います。漢数字やローマ字は見にくいため、避けましょう。


次に、ノンブルの付け方ですが、大見出しにはノンブルはつけません。
また、添付資料がある場合は、原稿本文の1枚目からノンブルを付けます。

ノンブルの挿入位置は、原稿用紙に記入欄がある場合は記入欄に、ない場合は下の余白に書きます。


最後に、ノンブルを付けたら、再度、枚数と数字に違いがないか、
きちんと確認し、番号が抜けないよう注意して正しく原稿をセットしましょう。


テープライター講座で資格を取りませんか?

がくぶんの講座は、テープライター資格が取得できる唯一の通信教育講座です。

資格を取れば、仕事の求人応募の面でも当然有利になります。また、がくぶんの講座で2級以上の資格を取れば、テープライター求人大手の日本職能開発振興会にテープライターとして登録もでき、講座終了後の仕事の求人を受ける面でも有利になります。

テープライターになりたいと思ったら、まずは講座の無料資料を取り寄せて見て下さい。

>> 無料資料を取り寄せる(がくぶんテープライター養成講座)